4連休も半分過ぎてしまいました。

弱点克服!なんて張り切っていましたが、
久しぶりのお墓参りだとか、ちょこちょこ予定を入れており、あまり進まず、、
通常の「やること」をこなすだけで終わりそう。。。
でも、いつもより、じっくり娘を観察できるので、貴重な連休です。

さて、算数や理科の計算問題のつまずきを観察し、
今の勉強法は娘にあっていない、と思いました。

α1からAまで、様々なレベルのお子様が集まり、同じテキストを使っている、ということから
初めましての単元にもかかわらず、導入、基礎、応用、実践、とレベル別にギュッと詰まっており
それを1週間のうちにこなす、という形です。

今まで、1週間のうちに応用までを必死にこなしていましたが、
娘は先取り学習をしていたわけでもなく
これを駆け足で通り抜けても、基礎がぐらつく中で高く積み上げようとして
積み上がらないのだ、とようやく気付きました。

娘に必要なレベル(=基礎)の演習量が足りていない、基礎を徹底的にやることが不足している。
もう、1週間のサイクルの中に応用を入れるのをやめよう。
とにかく基礎、基礎、基礎、のレベルを何回もやる。
取捨選択は応用を切り捨てるってことだ。

4連休、私の思考も落ち着き、この心境に至りました。
zazen_obousan


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村      
 
娘よ、テキストの中の「応用」はいったん忘れよう。